[神楽坂のモダンな赤城神社]

dsc_1176dsc_1177

本日で赤城神社例大祭が終わりましたが御神輿や出店で人出が多く神楽坂の町はにぎわっておりました。この神社は何でも有名な建築家(隈 研吾氏)が設計したそうで狛犬もなんとなくアートな感じですよね商売繁盛と良縁成就にご御利益があるとのことです。神社のわきにモダンな カフェ赤城 があり思わず入ってみたくなります。私もまだ一度しか行っていないのですがスタッフにはフランス人らしき方もおりました。当サロンからは2~3分の場所なのでちらっとお立ち寄りになるのも良いと思います。ところで神楽坂になぜフランスの人が多いのかと言うと、そのまた昔は飯田橋の下には川が流れており、それがセーヌ川に似ていて郷愁を誘いそれでこの界隈ににフランスの方々が住むようになったと聞いたことがあります。確かに道を歩いているとフランス語を耳にすることが多いです。

[目にもの言わすアイライナー!]

dsc_1281_

今、アイライナーはリキッドタイプで滲みにくく細めのラインもすっーと引ける、そんなアイライナーが求められているのではないでしょうか?目は心の窓と言われるように小さい目を大きく見せたい!そんな女心がアイメイクに拍車をかけるのでしょう。まつ毛は当然短いより長い方がより目元がぱっちり見えるのも確かです。最近、私は電車で通勤するようになり私の好きなメイクウオッチング(女性のメイクをご本人に悟られない程度にしっかりウオッチング!)が出来、退屈な通勤時間もかなり充実するようになりました。そこで気が付くのは若い方に見受けられるのですが絶対本物じゃないでしょう!?とわかってしまうほどのクルリンパッのまつ毛!自分の顔をどうしようと勝手なのですがそのすさまじい長さに驚いてしまいます。同時にどんな職場に勤めているのか?と私の想像はどんどん多方面に駆け巡るのです。たまに私の視線が突き刺さるのかご本人と目が合ってしまうことも・・・。そんな時「私はあなたを見ていませんよ!たまたま今、目があっただけです!」と言う雰囲気を作ります美はそれぞれ目指すところが違うので押し付けるわけにはいかないけれどやはり自然なナチュラルな美が一番崇高だと私は考えています。人生もそろそろ終焉に向かう年齢の私だからそう思うのかもしれませんね。私は自分の中でまつ毛よりアイラインが効果的だと感じています。自分の事で恐縮ですがもともとまつ毛が短くマスカラをつけてもほとんど変化なく変わりようがないのです。しかしそんな私でもひとたびアイラインを引くと顔の中にメリハリがでるのです!まったくアイラインが無かったらおたまじゃくしの目になってしまいます。そんなこんなで本日私が言いたいことは、もしあなたがまだアイラインを引いていないのならぜひトライしてみて下さい。アイラインをうまく引くコツは目元のフレームにぎりぎりのところに描いてください。時々目をつぶったらまつ毛のきわに隙間の見える方がいますが自分に見えないだけで人からは見え見えですからね。瞼にハリがなくなっている方は鏡に向かい顎を突き出す感じでやや上を向いた感じで描くと良いでしょう!目の悪い方は失敗しないように5~10倍のミラーを使用してください。画像にあるGUINOTのアイライナーは私の必須アイテムです。価格も税込みで¥3024です。今まで使ったどのアイライナーより優れモノです!!

神楽坂おいしいもの!情報

dsc_1167_

神楽坂で知る人ぞ知る「想いの木」というカレー屋さん!パッと見は京都の和食屋さん風です。はっきり言って入りにくい(なんとなく勇気がいりそう・・。)扉も木で重そうだし・・?とても明るく「いらっしゃいませ!」と迎えられそうにもない感じがして3~4回前を通過したがすぐには入れなかった私です。それでも気になっていたので一人でランチに入りました。店内はムダ話をするような気配はなく静まりかえってお上品そうなお客様がちらほらと・・。土日は階段まで(2Fが店。)待ちのお客様が並んでいるとか。私が行くときは大体、平日の午後1時半ごろ行くのでねらい目です。お味のほどは最初、私好みではないな・・と思ったのですが何度か行くうちに又行きたくなっている私がいるのです。本日のカレーが日替わりなのでたまたま初日は私好みにあたらなかったのかもしれません。食材にこだわっており本日は何を使用しているか産地まで伝えてくれます。働いている方はインドの方ですがオーナーさんは日本人との事です。そのオーナーさんのこだわりが随所に感じられ、一つはレジに茶色の布をかけてありレジをするたびにその布を取ったりかけたり忙しそうでした。自然の内装(大地や石など)の雰囲気がレジスターで崩れてしまうとお考えなのでしょうね。マスコミ関係もお断りだそうです。いつかお客様がいないときに店内を撮らせて頂こう(ブログに出すのはお客様がいなければOKだそうですので・・。)と思っていますので又ご報告いたします。静かに食事をしたい方にはおすすめです。私がいつも食しているランチメニューは1200円です。(タンドリーチキンもついています。)

若返りにはシソジュース!!

DSC_1273_

神楽坂にはお総菜屋(惣菜とも書くが今はこちらの総らしい。)さんが多い。そこで見つけたシソのジュース!お総菜屋さんのオリジナルで天然もの!さすがに売れ行きが良くタイミングが悪いとなかなか買うことが出来ない。入手できた時にはお客様にふるまっていますので運が良ければ出てまいります。ただ現在はわたくし、足の骨にひびが入って遠出が出来なく(健脚ならすぐそこと言う距離ですが固定した足では店内がギリギリなので・・・・しばらくはお目にかかれないかも?)雨の日に転倒してしまいました。皆様も雨の日には十分お気を付けください。ところでシソの効用はすごいんです。なんといっても体に害のある活性酸素(体内の細胞を酸化させ正常な働きを失わせ老化や病気のもとを作り出す物質と呼ばれている。)を除去する作用があります!そしてビタミンやミネラルを豊富に含みまさに美容にはうってつけ!そして利尿効果もあるのでダイエットにもOK!アレルギー疾患や花粉症にも良いと言われるのはご存じの方も多いと思われます。毎日これを飲んでいたい!!話があちこち飛びますが取りあえず明日から仕事は復帰いたしますのでご心配をおかけしました。早ければひと月で完治だそうです。仕事には支障がないのでご安心くださいませ。

秋のBIGクレンジング コフレ SALE

DSC_1259

またまた画像がクリアーでなく申し訳ございません。ただこのSALEにコフレにポーチが付くことを早く皆様にお伝えしなくては!と焦って掲載いたしました。¥12960で(¥19440相当の商品)GUINOTオリジナルポーチと洗顔のトラベルサイズがプレゼントなのでお得だと思います。すいません、初めてこのブログをご覧になった方は何が何だかわからないですよね!GUINOT社は通常¥4860(クレンジング、ローション各200ml)の商品を倍の400mlのクレンジングとローションのセットで上記の破格値(¥6480もお得。)で秋と春に年2回のサービスを実施しております。すでにご注文いただいているお客様もおりますのでご希望の方はお早めにご連絡をお願いいたします。毎度のことですが遅くなると肌別のどちらかが無くなってしまいます。私もGUINOTの殿堂入りをしたせいかホッとして最近化粧品の話をしなくなっていました。こんなことではいかん!!とまた奮起いたします!9月1日に新しいホームページが立ち上がるので最終確認やら各サイトの料金訂正など本業以外で多忙を極めております。疲れてくると甘いものが食べたくなりますね。神楽坂のおいしいスウィーツの店を見つけました!と言うよりもお客様にごちそうになりその後2回も店を訪ねました。イートインのコーナーもあり(結構本格的なんです。これが!!)予約でいっぱいです。これも近日中に制覇いたします。そうそうお店の名前は「アトリエコータ」さきほど2個も食べてブタになっている私です。当サロンから4~5分です。皆様もご来店のついでにお立ち寄り下さいませ。

ついに登場!GUINOT新機器!

セルラーエナジー機器(オープン)

昨日フランスから最新機器が入荷いたしました。今までのイドラィフト、イドラデルミー、そしてアイロジックすべてこの新機器て施術させていただきます。新機器名はイドラデルムリフトセルラーエナジー。なんて長い名前なんでしょう!私も舌を噛みそうです!9月からと思っていましたが昨日、第1号のアイロジックのお客様がお見えになりました。久々のご来店でかなり目元がすっきりされてお帰りになりました。最近は眼精疲労で鍼灸治療と合わせて施術される方がふえています。昨日機器が入荷いたしました関係で本日からキャンペーンを始めました。現行のイドラデルミーリフトよりお安い料金で新イドラデルミリフト(27000円を17000円税こみ金額)でサービスいたします。10000円もお安いので横浜のお客様もぜひいらしてくださいませ。(交通費はうきますよ!)新イドラリフトの特徴はWイオン導入2つのプローブが+ -の電流が2秒ごとに自動的に入れ替わり使用するジェルの有効成分を素早く皮膚に浸透し以前のマシーンより断然リフトの効果が強力です!!(以前のイドラリフトをされたお客様の感想です。)9月末までのキャンペーン料金ですのでよろしくお願いいたします。

寿音(ジュノン)はプレミアムサロンです!

DSC_0863

ご存じない方のほうが多いとは思いますが当サロンはエステの団体及び組織でいちばん歴史のある日本エステティック協会のプレミアム登録サロンです。「安心」「安全」「信頼」この3つをクリアーしたサロンがプレミアムサロンです。日本エステティツク協会の登録サロンはかなりの店舗数あるかと思いますがプレミアムサロンは色々な条件付けがありますので数としてはまだまだ少ないと思います。先進国でありながら日本はエステティシャンの資格は国家資格ではありません。私が20代のころ将来、国家認定になるような話も聞かれましたが40年たった現在も実現されていないのですから、おそらくこの先も望めないでしょう。この業界で働く者として本当に残念な事です!それでも一時期に比べるとかなり悪徳サロンの数は激減しておりますし国も消費者センターから上がるクレームに対処すべく割賦法の改正等にのりだしたり消費者はだいぶ守られるようになりました。それでも、ひとたびエステサロンの倒産などがあれば(お客様から前受をしていて役務が終了していないケース。)真面目なサロンも同様とみなされそのたびにつらい思いをしてしまいます。衛生面も衛生学をきちんと学んでいなければかなり危険であると考えています。もちろん真摯に仕事に取り組んでいるエステテシャンの方々もたくさんいらっしゃるのでお客様は何軒かエステサロンを回りじっくり考えてお店を選ばれたら良いのではとおすすめいたします。辛口になりますが料金が安いからとの理由でおためし回りを繰り返している方は継続してのお手入れが出来ず(結果が伴わない。)どこへ行っても満足しない状態で肌質が向上せず空回りのような気がしております。残念ながら1回の施術で示せる効果は少ないと感じます。当サロンの81歳のお客様に先日いらして頂き(月1回を4回目。)「年だからとあきらめていたドライ肌から改善されハリが出てきて嬉しい!私の年齢からでも変われるのね!」とおっしゃって下さいました。そんな時はエステテシャンをやっていて良かったと疲れも飛んでしまう瞬間です!

神楽坂の有名人コボちゃん!

DSC_1174

読売新聞の朝刊の4コマ漫画でおなじみのこのコボちゃん像が出来てからまだ1年くらいらしいですが神楽坂の人々に愛されすでにかなりの衣装持ちのようです。なんでも作者の植田まさし氏が神楽坂に長くお住まいであるご縁からこのブロンズ像がつくられたとの事です。神楽坂通りに面しており当サロンの入っているビルから飯田橋方面に2~3分歩いたところにあります。気になるお客様はぜひお帰りにお立ち寄りくださいませ。

これはちょっと前の神楽坂祭りの浴衣姿です。私は明日、台風の影響で朝の通勤電車がどうなるか不安なのでサロンに一泊しておりますがさすがに落ち着かない!少しの物音にも、もしかしてポルターガイスト??などと考えてしまい以外に体が休まらない・・・。と言うわけで深夜にブログを書き連ねております。又、コボちゃんの話題に戻りますが今日のコボちゃんは台風に備え雨合羽に着替えておりました。担当者の神対応ですね。(?)麹町の駅前の小便小僧君も結構、衣装持ちで通るたびに感心しておりましたが高い位置にあるので接近することが出来ませんでしたがこのコボちゃんは子供たちが肩を組み写真におさまっております。中には足をからめコボちゃんから離れない女の子がおりお母さんが「もう行くよ!」とせかしている光景も見かけました。等身大というのが良いですね!これからもここを通る楽しみが増えました。

 

 

夏休みありません。& 夏の冷え性対策

DSC_1220

寿音(ジュノン)は今年も夏休み返上です。夏休み真っ最中の方、ぜひこのチャンスに神楽坂にいらっしゃいませんか?

ところで、ここしばらく「なんだか体がだるくて・・・。」「暑さで気力がない・・・。」と言われるお客様がが目立つようになりました。私が思うところ

冷房のきいた部屋に閉じこもりの方にこのような症状が多くみられます。たまには窓を開けて空気の入れ替えが必要ですね!気の流れが停滞してどんよりしてしまいますから。そして通勤の電車内も結構 危険なのです!当然、夏ですから襟ぐりの開いた洋服が多いですよね。一度、車内で首の後ろを(第7頸椎あたり・・骨がボコッとしている付近)触っててみて下さい。思いのほか冷たくなっていますよ!ですから上記の画像のようなストールが重宝するのです。私の場合職業柄、手のシミはまずいのでいつも外出時は紫外線防止の長めのグローブをしています。またこれが冷えよけとして便利なのです。これにカーディガンとひざ掛けがあれば完璧です。「そんなオーバーな?」と思われるでしょうがグリーン車はまったく冷凍庫にいるくらいの寒さです。スケート観戦ぐらいの重装備が不可欠です。私も毎日グリーンに乗車している訳ではありませんが何せ老体に鞭打っての通勤なので帰りはくじけて(片道¥770、往復なら¥1540)乗ることが多いのですが周りはスーツを来た男性が多いので皆様それでも大汗をかいておられます!時々悪臭が漂い席を変わることもありますけど・・・。今この件で車内ならず社内でも問題視されているらしいですね?とかく臭いは自覚がありませんからね。かといって注意も出来ず…。職場で忍耐がさらに必要とは・・。臭い感知器なるものが職場にあって数値が計測できれば自覚が出来ると思うのですが(歯周病による口臭も防げる!)ありそうでないんですかね?話を戻しますが時にはストールを忘れてきた日など帰りは店のタオルを首に巻いているので乗客の方々の冷たい視線が突き刺さることもありますが風邪を引くよりマシ!たとえ変人と思われてもいいや!と開き直っております。ちなみに風邪のツボは風門と言い首の付け根あたりにあるのです。(昔、祖父母にお風呂に入るときは肩までつかりなさいと言われませんでしたか?)ふうじゃ(風邪)は風門から侵入すると中国の古い東洋医学書に書かれていると鍼灸学校で習いました。入浴時に第7頸椎あたりにシャワーで温熱をかけると疲れも取れ風邪をひかなくなりますよ!節水を呼び掛けている小池知事に怒られそうですが・・・。今日は久々に深~い話をさせていただきました。

 

 

 

教えたくないお店!

DSC_1211

銀座のカフェはどこも混んでおり隣と接近しているのが当たり前、なかなか静かなところがないのが悩みの種であった。

ところがあったんです!!最近、備長炭に凝っていてもう3回くらい買い物に行っているのですがそのお店(たなごごろ)の上(3F)においしい中国茶を

飲ませてくれる心から癒されるなお店が・・。一度行くと又行きたくなるそんなカフェです。